記事の詳細

家電リサイクル法

一般家庭から排出される家電製品は年間約60万tにも及び、 これまではそのほとんどが埋め立てられてきました。しかし、埋め立て地には限界があり、 いつまでも埋め立て続けるわけにはいきません。また、埋め立てられる廃家電には再び利用することができる有用な資源がたくさん含まれているのです。 そこで、有用な資源の再利用を促進し、 廃棄物を減らすために家電リサイクル法が誕生しました。

平成13年に施工された家電リサイクル法。 これに伴い、テレビやエアコン・洗濯機など特定の家電製品の処分にはリサイクル料金が掛かるようになりました。 また、リサイクルすることが義務付けられた為、市では回収をしておらず運搬回収は各市区町村の家電小売店が行ってます。

家電の処分にお困りの方はこちら → 不用品回収は買取と無料引き取りを上手に活用しましょう!

何で無料なの?と疑問に思った方はこちら → 不用品を無料で引き取りできる理由

関連記事

買取実績

スタッフブログ

ページ上部へ戻る