記事の詳細

パソコンリサイクル法

不要になったパソコンやモニターの回収と再資源化をメーカーに義務づける法律。
正式名称は「資源有効利用促進法」と呼ぶ。「再生資源の利用の促進に関する法律」が改正されて2001年4月1日に施行されたもので、 当初は企業や個人事業者で 不要になったパソコンが対象でしたが、 2003年10月1日の省令改正により家庭用パソコンも対象に含まれました。 メーカーに自社製品を回収させることで、部品や材料の再資源化を加速することを狙う。
これまで家庭用パソコンは、自治体が粗大ゴミとして処分していた。

パソコンもまた家電の後を追うようにして平成15年からリサイクルの対象となりました。 特定家電と同じくリサイクル料金が掛かります。 こちらも市での通常回収は行っておらず、回収を任されたのは各パソコンメーカーです。「PCリサイクルマーク」のない古いパソコンの回収は引取りではなく、送料自己負担での宅配便受付となりますから大変です。

アシストではパソコンも無料でお引き取りしております!(CRTモニターの取扱いはできませn)

不用品の処分に手間もお金も掛けたくない!!

そんな方は、是非こちらをご覧下さい → 不用品回収は買取と無料引き取りを上手に活用しましょう!

何で無料なの?と疑問に思った方はこちら → 不用品を無料で引き取りできる理由

関連記事

買取実績

スタッフブログ

ページ上部へ戻る